2017年9月21日木曜日

『養生訓・飲食 上』(1):飲食の大切さ


 前回までは、『養生訓・総論』編を読んできましたが、今回から、『養生訓・飲食』編を現代文に訳しながら読み進めて行きます。
コムラサキ Callicarpa dicotoma の果実(千葉大学柏の葉キャンパス薬草園にて)
*****

 人の身体は、天地から「元気」をもらって生まれるのだが、飲食によって養わなければ、「元気」が尽きてしまい、命を保つことができない。

 「元気」は生命の基本であり、飲食は生命を養うものである。このため、飲食による養いは、人が日々生きていくための唯一の補いであり、半日も欠かすことができない。

 しかしながら、飲食は人の大欲の対象でもあり、口や腹が好むものである。口や腹が好むままに、欲するままに飲食を行うと、節度を越えてしまい、必ず胃腸を傷めて、様々な病を生じて、命を短くする。

 したがって、養生のためには、まず胃腸を調えることが重要である。胃腸を調えることは、人の身体にとって、第一の保養となる。昔の人も「飲食を節制しつつ、自分の身体を養いなさい。」と言っている。

(貝原篤信 編録『養生訓』巻第三 飲食 上から)

*****

 『養生訓・飲食』は、飲食の方法について非常に具体的な内容が書かれています。その内容は、現代でも十分通用する内容を含んでいると思われます。(T.K.

 底本は、千葉大学附属図書館によりデジタル化され一般公開されている『養生訓』(貝原益軒の没後百年にあたり刊行された版)です。


2017年9月20日水曜日

イチョウの実

天候不順のせいか、センター内ではまだセミの声が聞こえたりします。
ですが、すっかり涼しいですね。

診療所駐車場の脇の銀杏も実を付け、風で落ちてしまっています。


銀杏は別名白果ともいい、咳止め、夜尿などに漢方で使われることもあります。葉の形がカモの水かきに似ているために、鴨脚(ヤーチョオ)と呼ばれ、イチョウとなったそうです。
銀杏も(ギンアン)という発音から日本語として定着したそうです。

外種皮は熟すと独特の匂いがし、含まれるギンコール酸などがかぶれのもととなるため、土に埋めたり、水で洗ったりして、食べられるまでに手間がかかります。

イチョウ葉のエキスはドイツで開発され、末梢血流障害を改善するとして使われています。エキスを選ぶ際は、ギンコール酸がきちんと一定以上除去されているものを選びましょう。
ですので、いままで食習慣のない、葉そのもののお茶などは、ギンコール酸でアレルギーを起こす可能性がありますので、ご注意を。(S)

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20021125.pdf

2017年9月14日木曜日

ヒオウギエキス

また暑さが復活してきましたが、朝夕は涼しいですね。
先日、ヒオウギのエキスが毛髪によいという話を聞いて、薬草園に出向いてみました。
かろうじて花が咲いていましたが、ほぼ種子の状態です。

アヤメ科ヒオウギの黒々としたツヤのある種子。昔は烏羽玉(うばたま)と呼ばれ、黒や夜の枕言葉となっています。

漢方では根茎を射干(やかん)といい、生薬として用いられてきました。
清熱解毒、利咽、去痰の作用があり、咽喉痛、咳、痰、扁桃炎などに用います。漢方薬では射干麻黄湯という薬が有名です。

射干、麻黄、生姜、五味子、細辛、紫苑、款冬花(キク科フキタンポポ)、大棗、半夏(金匱要略)
今のように喘息治療が進んでいなかった頃は、哮喘すなわち喘息に用いられたのではないでしょうか。

ちなみに、毛髪に対する作用ですが、2013年にSchmidtさんがパテントを出願したリストの中に植物名の記載が見られました(Composition and uses for influencing hair growth)。
その他、がんや糖尿病に対する作用を研究している文献もありました。
新たな効果が発見され、活用されることが期待されます。(S)

2017年9月8日金曜日

健康セミナーのお知らせ

今年度2回目の柏の葉・東洋医学健康セミナーのお知らせです。
事前申込制となっております。
託児所はございませんが、皆様のご参加をお待ちしております。

柏の葉・東洋医学健康セミナー

2017.10.7(土)13:30~16:00(13:00開場)
千葉大学環境健康フィールド科学センターシーズホール
つくばエクスプレス柏の葉キャンパス駅下車 徒歩約5分
参加費:100円
定 員:先着130名

事前申込制、9/7より以下の連絡先にて受付(月~金曜日の9:00-17:00)
メール:kashiwanoha-clinic@chiba-u.jp
電 話:04-7137-8471
後 援:柏市、流山市

講演1「鍼灸の活用!女性の身体と上手につきあうためのセルフケア」
 前田尚子(あゆみ鍼灸院院長・歩海(あゆみ)助産院院長、鍼灸師・助産師)
講演2 「漢方薬でお子様の健康を守りましょう!」   
 池田郁雄(いけだ内科小児科クリニック院長・元東京女子医科大学非常勤講師、医師)

2017年9月5日火曜日

薬草園の様子2

今日は久しぶりに汗ばむ陽気となりました。
写真を少しアップしますね。(S)
ワタの花 昨年とは違う品種かもしれません
コガネバナ 生薬は根を使います(オウゴン)
イトヒメハギ 生薬は根を使います(オンジ)
最近、遠志(オンジ)単独のエキスが第3類医薬品として登場しています。
遠志は安神(心を落ち着かせる)、去痰、消腫の効能があるとされており、動悸、健忘、不眠、咳などの改善を目標に漢方薬中に配合されます。

物忘れが気になる頃は、多少なりとも体の不調を抱えてらっしゃる方も多いと思いますので、生薬を複数配合した形の、体質に合わせた漢方薬を飲んでみるのはいかがでしょうか。(S)

2017年8月31日木曜日

薬草園の様子

ご無沙汰しています。
雨上がりの薬草園の様子です。
お花の見頃はピークを過ぎようとしていますが、実りの秋の時期もどうぞ散策してくださいね。(S)

オミナエシ
ゲンノショウコ
センニンソウ
ミシマサイコ

2017年8月22日火曜日

ひらめき☆ときめき サイエンス開講

8/20に高校生を対象にひらめき☆ときめきサイエンスを開講しました。

ひらめき☆ときめき サイエンス Kakenhi とは?
大学や研究機関で「科研費」(KAKENHI)により行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。

環境健康フィールド科学センターの渡辺均先生の研究を主体として、野草から薬ができるまで ~人々の健康を守る植物 ~と題して行いました。
野草の遺伝的系統を調べ、優良品種の選抜・栽培を行い、それを薬として使用するという一連の流れが凝縮したプログラムでした。
領域を超えた研究のつながりや広がりに触れ、いつしかお役に立てれば嬉しいです。(S)
施設見学、各先生の講義、煎じ薬の作製、ツボ体験など
施設見学、治療、調剤の実際を見学、センター長による修了証の授与